| HOME | MENU |

アマチュア無線年表・2019年〜現在

昭 和

〜1941年

1945〜1974年

1975〜1988年

平 成

1989〜2000年

2001〜2010年

2011〜2018年

令 和

2019年〜現在

-

-

≪2019年≫  ≪2020年≫  ≪2021年≫  ≪2022年≫ 

  
2019年(平成31年/令和元年)
1月 (1日)電法施行規則、無線局免許手続規則等の一部改正が施行され、アマチュア無線局を含む無線局の免許申請書(開局・変更・再免許)が新様式となる

(2〜3日)第72回QSOパーティが開催され、JA1RL JARL中央局運用委員会が3.5MHz帯〜430MHz帯で記念運用をおこなう


(18日)アマチュア無線家の歌手 水田かおりさん、MasacoさんがJARL広報大使に就任
3月 (3日)第18回西日本ハムフェアが福岡県京都郡苅田町の日産自動車九州(株)体育館・ゲストホールで開催される(のべ2,000人来場)
4月 (18日)「世界アマチュア無線の日」でJARL中央局JA1RLが特別運用し、HF帯〜430MHz帯の各バンドで約700局と交信
5月 (5日)南極昭和基地のJARL南極局8J1RLが「こどもの日」の特別運用を実施(第60次日本南極地域観測隊)

(17〜19日)デイトン・ハムベンションが米国オハイオ州で開催され、JARLがブースを出展しJARLアワード、ハムフェアなどの紹介をおこなう
6月 (3日)JARL中央局(JA1RL)が電波の日特別運用




(23日)JARL第8回定時社員総会が東京都新宿区で開催される。社員128名が出席、17時11分終了
総会の議事に先立ち、平成30年度の会員増強に関する顕著な成果に対して、「会員増加支部表彰」「会員増強企画表彰」「会員増強特別表彰」が贈られる。また、賛助会員として事業運営に支援されている法人と個人へ感謝状が贈られる
7月 (21〜22日)第24回関西アマチュア無線フェスティバルKANHAM2019が、大阪府池田市の池田市民文化会館などで、「アマチュア無線 知らないって? ボーッとしてんじゃねーよ!」をキャッチフレーズに開催される(のべ9,000人来場)
8月 (31〜9月1日)東京・有明の東京ビッグサイト南3・4ホールで、(第41回)「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2017」が開催される。「世界がともだち!アマチュア無線!! 」をキャッチフレーズに、総務省、文部科学省、東京都などが後援・協賛(会期中のべ42,000人が来場)
9月 (10日)IARU名誉会長W4RAラリー・プライス氏がサイレンキー。1989年から1992年までARRL会長とIARU事務局長を併せて務める。1999年にIARU会長に選任後10年間務め、IARU管理理事会から名誉会長の称号を贈られる

(21〜22日)第6回北海道ハムフェア北海道札幌市東区の札幌総合卸センター共同会館で開催される(のべ1,700人来場)
10月 (5〜6日)2019年全日本ARDF競技大会が北海道札幌市及び千歳市で開催される。のべ181名(クラシック競技91名、スプリント競技90名)が参加


(13日)第51回東海ハムの祭典(東海ハムの祭典2019)が「次の50年に向かってGO50東海! 広げようアマチュア無線の楽しさを!」をテーマに愛知県名古屋市の名古屋市公会堂で開催される(約1,700人来場)

(20日)東京・秋葉原UDXで、第3回のWAKAMONOアマチュア無線イベントが保護者など約200名が参加し、講演、無線交信体験、FMラジオ工作、抽選会などを開催する。JARLのラジオ情報番組「RadioJARL.com」(FMぱるるん協力)が収録される
12月 (5日)JARLアイボールミーティングが、東京都千代田区のホテルルポール麹町で、アマチュア無線界関係者、国会議員、総務省幹部など約150人を迎えて開催される

2020年 (令和2年)
1月 (2〜3日)第73回QSOパーティが開催され、JA1RL JARL中央局運用委員会が3.5MHz帯〜1,200MHz帯の各バンドで記念運用をおこなう
4月 (21日)1.9MHz帯・3.5MHz帯の周波数が、無線局免許手続規則などの一部改正により追加割当される
6月 (19日)「アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める告示」の一部が改正され、1.9MHz帯でのSSBなどの音声通信が簡易な手続きで運用可能となる

(28日)JARL第9回定時社員総会が東京都新宿区で開催される。新型コロナウイルス感染症の拡大防止につき、議場へ出席の社員は34名となる(社員125名出席、16時50分一旦終了)
第2号議案の審議が長時間に及び、別日開催の動議等が可決される(第9回の継続会は令和2年9月5日(土)開催)
9月 (5日)「JARL第9回定時社員総会(継続会)」が東京都新宿区で開催される(社員125名出席、17時49分終了)
継続会の終了後,第51 回理事会が別室で開催され,理事の互選により会長にJG1KTC 尾理事, 副会長にJA5SUD 森田理事,JA9BOH 前川理事,専務理事にJE1KAB 日野岳理事が選出され,JARL の新執行部がスタートする
10月 (5日)「アマチュア無線の社会貢献活動を促進する制度等の創設についての要望書」について、JARL尾会長・JARD三木会長が、総務省総合通信基盤局 竹内芳明局長へ手渡しにより提出する
11月 (9日)公益財団法人ボーイスカウト日本連盟から「JOTA-JOTI PLAZA 2020」の運営協力としてJARLが感謝状を受ける


(10日)武田良太総務大臣と尾義則JARL会長、中村信雄理事が総務省大臣室で面談。アマチュア無線による社会貢献活動に関する取り組み、無資格者による体験運用のより一層の機会拡大についての要望の早期実現を依頼する

2021年 (令和3年)
1月 (2〜7日)第74回QSOパーティが今年から6日間となって開催され、JA1RL運用委員会が3.5MHz帯〜1,200MHz帯の各バンドで記念運用をおこなう
3月 (2〜7日)電波法施行規則等の関係省令、告示等の改正が公布・施行され、「アマチュア無線の社会貢献活動での活用と小中学生のアマチュア無線の体験機会拡大の制度の見直し」がおこなわれる

(10日)JARL会員数が27年ぶりに前年度比増加を発表する。令和2年度末(令和3年3月7日現在)の会員数が65,788名、前年同期比で574名増加する。年度末時点の前年同期比の増加は平成6年以来
5月 (1〜9月1日)東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を記念した記念局の運用を開始



(30日) フジテレビ「newsイット!」 で、JARLやアマチュア無線、27年ぶりの会員数増などが紹介される
6月 (6日)JARL中央局JA1RLが「電波の日」特別運用を実施

(27日)JARL第10回定時社員総会が東京都新宿区で開催される(社員131名出席、18時20分終了)
7月 (10日)日本経済新聞の紙面に「アマ無線・文通・電報 アナログな出会い、コロナで復権〜中高年に懐かしさ、若者には新鮮〜 」として、アマチュア無線の魅力やJARLの会員数増が紹介される

(16日)東京2020オリンピック・パラリンピック開催を記念した記念局「JA1TOKYO」が東京都西東京市ではじまる
8月 (16日)無線設備規則の一部が改正され、新スプリアス規格への移行期限の延長が即日施行される
9月 (3日)10月2日・3日の両日に開催予定の「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2021」について、新型コロナウイルスの急速な感染者数の増加、緊急事態宣言地域の拡大などにより、開催中止が報じられる
10月 (14日)NHK総合テレビの報道・情報番組「ニュース シブ5時」の中で、「人気再燃!?アマチュア無線」と題してアマチュア無線が特集される

(16〜17日)ボーイスカウト日本連盟のアマチュア無線体験プログラム(世界スカウト機構の公式国際行事「JOTA 2021」)をJARLが支援
12月 (1日)総務省の電波利用ホームページ内に「アマチュア無線の体験制度」のページが新設され、家庭や学校での体験運用が紹介される

(10日)無線局手続規則で定める無線局免許申請書等の様式が改正される

2022年(令和4年)
1月 (2〜7日)第75回QSOパーティが開催され、JA1RL JARL中央局運用委員会が3.5MHz帯〜1,200MHz帯の各バンドで記念運用をおこなう
2月 (1日)総務省「電波利用ホームページ」内に、アマチュア無線のルールを守った運用を周知するため、「アマチュア無線は仕事に使えません!」の記事が掲載される
3月 (1日)最近のウクライナなど世界的な出来事を受け、IARUが声明を出す。「IARUは、アマチュア無線とアマチュア無線サービスの普及と擁護に焦点を当てた非政治的な組織である。アマチュア無線サービスは、通信の自己啓発と人と人との親睦を目的としている」
JARLはこの声明を支持し、不用意にアマチュア局の情報を拡散しないよう注意を呼びかける
3月 (22日)JARL会員数が令和3年度末で66,076名となり、2年連続で会員増加となる(前年同期比288名増)
4月 (18日)「世界アマチュア無線の日」でJARL中央局JA1RLが7MHz帯〜430MHz帯の各バンドで特別運用し、国内外約1,200局と交信する
5月 (5日)南極昭和基地のJARL南極局8J1RLが「こどもの日」の特別運用を実施(第63次日本南極地域観測隊)
JARL中央局JA1RLでは、小・中学生のアマチュア無線家の子どもたちが21MHz帯のSSBモードで交信し、10名全員が成功する




Copyright © 1997-2022 by
The Japan Amateur Radio League, Inc.