アマチュア無線は、様々な周波数の電波を使いますが、その電波がテレビやラジオなどの電気機器あるいはその他種々の設備などに障害を与えている場合があります。他方、アマチュア無線側が障害を受けているケースも少なくありません。
 総務省の白書でも不要電波について『電波利用の拡大、各種電子・電気機器の普及に伴い、機器・システムが他の機器・システムから電磁的な妨害を受けることが大きな問題となっている』としています。一方、不法無線局もアマチュアバンド内に闊歩し、当局の取締の努力にも関わらず減る気配もみえません。このページでは、これらに関して情報提供をしていきます。


■電波環境
『クリーンな電波環境で楽しもう
 (電波障害の原因とその対策)

アマチュア局が受ける電波障害(概括)

■不法無線局ほか
「みんなで不法局を追い出そう!!」
狩猟時のアマチュア無線機の使用について
(関東総合通信局のHPから)

18.160MHzにおける放送波混入について
160mバンドの侵入電波
車両用のタイヤ空気圧モニター装置
衛星バンドをクリアーに!!
レピータへの妨害に関する情報を求めています
車両盗難防止装置
□法80条報告用紙 Word版 一太郎版
各地方総合通信局による不法無線局の取締り状況 2016.10.18 update


■監査指導
監査指導業務について(平成14〜27年度報告)  2016.09.30 update
地方総合通信局の電波規正用無線局とJARLのガイダンス局の合同(連携)運用  2016.10.25 update



 Update: October 25, 2016

HOME TOP
Copyright © 2003-2016 by The Japan Amateur Radio League, Inc.