監査指導業務について

 JARL各支部では、監査指導委員長と監査指導委員を選任し、全国で約400名の方々がボランティアで監査指導業務にあたっています。
 監査指導業務とは電波障害に関する相談受付や対策の指導、アマチュアバンド内のモニター、アマチュア無線に関する育成指導、JARLガイダンス局の運営・管理などが主な活動です。また、各地方本部には各支部の監査指導活動をとりまとめをおこなう監査長がいます。
 次に、監査指導業務の平成14年度から平成27年度の活動状況をご報告いたします。


<活動結果>

(1) 電波障害に関する業務
● アマチュア局による電波障害に関する相談受付・対策等

 アマチュア局からアマチュア局による電波障害に関する申し出があった場合に相談を受け付け対策指導をおこなっています。その相談受付および対策指導件数は次のとおりです。

平成14〜27年度報告

● アマチュア無線機への電波障害に関する相談受付・対策等
 電子機器等(ガス給湯器やケーブルTV等)から受けるアマチュア無線機への電波障害に関する相談等を受け付け対策指導をおこなっています。その相談受付および対策指導件数は次のとおりです。

平成14〜27年度報告

● 電波障害に係る実地調査
 監査指導委員長は監査長と状況を協議し、必要に応じて委員が電波障害に係る実地調査をおこなっています。その実地調査の件数は次のとおりです。

平成14〜27年度報告

(2) 電波のモニター
● アマチュアバンド内の電波のモニター

 アマチュアバンド内で次の電波を受信し、電波法第80条第2号の規定により総合通信局に申告をおこないます。そのモニター件数等は次のとおりです。

 a.アマチュアバンド使用区別を守らないアマチュア局
 b.アマチュアバンドから電波の占有周波数帯幅のすべてまたは一部が逸脱しているアマチュア局
 c.アマチュア業務に該当しない通信等をおこなっているアマチュア局
 d.呼出符号の送出がなく無免許の無線局と認められる無線局

平成14〜27年度報告

● アマチュアバンド内における侵入電波のモニター
 28MHzバンド以下のアマチュアバンドへの侵入電波(ジャミング、放送等のアマチュア業務以外の電波)のモニターをおこなっています。そのモニター件数は次のとおりです。

平成14〜27年度報告

(3) アマチュア無線に関する育成指導
 地方本部および支部主催行事等に積極的に参加し、電波利用秩序の維持、周波数の有効利用等の周知・啓蒙活動をおこなうほか、ニューカマーへの技術相談や電波障害相談等の受付等、各地域に根ざしたアマチュア無線の普及および活動をおこなっています。

(4) JARLガイダンス局の運営および管理
 アマチュア局に対し、電波により適正な運用を確保するための周知をおこない、同局の管理・運営等を実施します。
 JARLガイダンス局のメッセージ送出回数は次のとおりです。(注)表欄の※印は、追加事項です。

平成14〜27年度報告


Last revised on Feb.17, 2015

HOME MENU Kankyo MENU TOP
Copyright © 2005-2016 by The Japan Amateur Radio League, Inc.