| HOME | MENU |

70年史・昭和中期

昭和初期
〜1941年

昭和中期
1945〜1974年

昭和後期
1975〜1988年

平成〜2005年
1989〜2005年

2006年〜
現在

1945年 (昭和20年)
8月太平洋戦争終結
9月短波受信の禁止解除
1946年 (昭和21年)
8月東京・新橋の蔵前工業会館でJARL再結成全国大会を開催。会長に八木秀次氏、理事長に矢木太郎氏
9月機関誌創刊「CQ ham radio」がJARLの機関誌として創刊(第1号 定価4円)
1948年 (昭和23年)
6月アメリカのベル研究所でトランジスタが発明される
8月第3回JARL総会を東京で開催。理事長に大河内正陽氏
11月JARL盟員番号(SWL番号)を発給
1950年 (昭和25年)
4月電波3法が国会を通過、成立
5月JARL創立以来、最初のアワードHAC証が制定される
6月電波法施行
1951年 (昭和26年)
6月第1回アマチュア無線技士国家試験実施(合格者第1級47名、第2級59名)
1952年 (昭和27年)
7月7月29日 全国で局免許申請者30名に予備免許がおりる。これは戦後のアマチュア無線再開であり、のちに7月29日が「アマチュア無線の日」と制定される。
11月再開後初のJARL総会が東京工大内の喫茶室「角笛」で開催(盟員50名参加)
1953年 (昭和28年)
2月NHK TV(東京)本放送開始
5月第1回QSOパーティーを実施
6月北九州、熊本地方の水害で電波法令施行後初の非常通信
7月第1回VHFコンテスト開催
1954年 (昭和29年)
12月JARL事務局が東京都文京区西丸町に移転
1955年 (昭和30年)
1月JARL IARUに復帰
1956年 (昭和31年)
7月第3回国際地球観測年(IGY)観測開始
1957年 (昭和32年)
3月IGY国際地球観測年でJA1RL、JA1IGYを設置
10月スプートニク1号受信ソ連人類初の人工衛星「スプートニク1号」打ち上げ成功、 20/40MHzの電波発射、日本のハムが受信に成功
1958年 (昭和33年)
5月電信級と電話級の資格が誕生 従事者免許証の期限が5年から終身に
10月皇太子殿下が東京・日赤本社内のJARL中央局をご訪問。JA1RL局の交信をご視察
11月南極越冬隊で8J1AAを開設
1959年 (昭和34年)
4月初の電信級と電話級の国家試験が施行
5月JA4VB盲人ハム1号に
6月創立総会社団法人 日本アマチュア無線連盟創立総会が東京・日本赤十字社講堂で開催。初代会長に梶井謙一氏(JA1FG)が就任
1960年 (昭和35年)
3月わが国初のクラブ局JA1YAAを東京・飯田橋の逓信博物館内に開局
8月第1回オールアジア・コンテスト実施
9月カラーTV放送が許可される
1961年 (昭和36年)
4月第2級に全アマチュアバンドが開放され、電信・電話級に21MHz・28MHz帯が許可
6月沖縄に初の日本人局として石橋勇氏(KR8AB)が免許
8月市民無線(シチズン・ラジオ、CB)許可
12月アメリカで、アマチュア人工衛星オスカー1号が打ち上げられる
1962年 (昭和37年)
6月スイス・ジュネーブの ITU(国際電気通信連合)本部内に4U1ITUが開設される
7月JCCナンバー制定
JA1RL標識電波発射開始
1963年 (昭和38年)
2月JARL NEWS タブロイド判(新聞形式)となり、4月に第3種郵便認可
12月SWLコンクール始まる
JARL事務局 東京都豊島区巣鴨に移転
1964年 (昭和39年)
1月430MHz帯バンド開放(430〜440MHz)
2月東京・巣鴨のCQビルにハムショールーム開設
4月1,880kHzの割当が決まる
6月新潟大地震 日赤新潟県支部を中央局(JA0YAA)に非常通信
10月東海道新幹線開業 東京オリンピック
1965年 (昭和40年)
6月養成課程講習会制度(電話・電信級)が発足
10月日本南極観測隊アマチュア無線クラブ(JAREARC)結成
1966年 (昭和41年)
3月JARL初の養成課程講習会開催
南極昭和基地に8J1RL開設
6月1.8MHz帯に代わり1.9MHz帯として1,907.5〜1,912.5kHzが割当られる
10月JH1AAAが関東地方で割り当て
1967年 (昭和42年)
1月東京・巣鴨のCQビル内に「JARLハム教室」誕生
5月北九州市での第9回通常総会でアマチュアコード制定
1968年 (昭和43年)
2月JARL会員数20,000人を超す
3月公募によりJARL旗
4月オーストラリアで IARU第3地域会議が開催。JARLとして初の海外派遣、梶井謙一氏(JA1FG)と溝口皖司氏(JA1BK)
5月第10回通常総会が札幌市・共済ビルホールで開催。会長に村井洪氏(JA1AC)就任
12月「JARLアマチュア無線ハンドブック」第1版刊行
1969年 (昭和44年)
3月FM本放送開始
5月小笠原諸島、南鳥島が別カントリー(JD1)となる
8月小笠原父島で初のDXペディション(JD1YAB)を敢行
1970年 (昭和45年)
3月大阪世界万国博でJA3XPO局を開設
4月アワード「WACA」「HAJA」制定
5月第12回通常総会が奈良市・県文化会館で開催。会長に原昌三氏(JA1AN)就任
11月外国人運用許可社団局での外国人運用許可 駐日米国大使マイヤー氏の所属クラブJH1YDRが開局(外国人運用第1号)
1971年 (昭和46年)
1月7MHz侵入電波調査(アマチュア局一斉停波)
3月第2回 IARU第3地域会議が東京・全共連ビルで開催
9月JARL制定「V・UHF帯使用区分」(チャンネルプラン)を実施
11月メーカー31社によりJAIA設立
1972年 (昭和47年)
2月JA8IOC札幌オリンピック冬季大会でJA8IOC局を開設
5月沖縄が本土復帰し、プリフィックスKR8がJR6となる
8月地方本部と各県支部発足
周波数の単位がサイクル(C)からヘルツ(Hz)に呼称変更
1973年 (昭和48年)
5月7月29日を「アマチュア無線の日」と定め記念行事を行なう
10月JARL NEWS 新聞形式から雑誌形式へ
1974年 (昭和49年)
5月JARL保証認定機種 送信機系統図の記載が省略
6月点字JARL NEWS発行開始

昭和初期
〜1941年

昭和中期
1945〜1974年

昭和後期
1975〜1988年

平成〜2005年
1989〜2005年

2006年〜
現在
HomeHOME MenuMenu Sub MenuSub Menu

Copyright © 1997-2010 by
The Japan Amateur Radio League, Inc.