「ハムフェア40周年 アマチュア無線で遊ぼう!」

盛大に開催される
(多数のご来場ありがとうございました)

 8月20日(土)・21日(日)の2日間、東京都江東区有明の、東京ビッグサイト西2ホールで、日本のアマチュア無線界最大のイベント「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2016」が開催されました(後援:総務省・文部科学省・東京都・NHK・読売新聞社・公益財団法人日本無線協会・一般財団法人日本アマチュア無線振興協会・日本アマチュア無線機器工業会・公益財団法人東京観光財団、協賛:電波新聞社・電波タイムス社・CQ ham radio・子供の科学)。

 今年のハムフェアは「ハムフェア40周年 アマチュア無線で遊ぼう!」をキャッチフレーズに、開催当初の趣旨に基づいてそれぞれの時代に、アマチュア無線家が一堂に集い、友好と交歓を通じた今までの出来事を織り込みながら、アマチュア無線の楽しさを発見していただくことを呼びかけました。

 開催初日の午前中は、日本に訪れた台風9号・10号・11号のトリプル台風や前線の影響を受けた不安定な天候のおかげか、早朝からあいにくの雨模様で、来場者の出足が心配されましたが、ハムフェア開会後は雨もすっかり上がり、開会後の10:00過ぎから特にビジネスコーナー、クラブコーナーを中心に、自由に身動きがとれないほどの賑わいと混雑が14:00ごろまで続き、初日は約25,000名の来場者を迎えました。

 2日目の最終日は約12,000名の来場者を迎えて、総計のべ37,000名の方々が来場し、さまざまな展示や催事の見学、久々のアイボール、そして掘り出し物探索やお買い物などを十分に満喫されたようです。

 なおハムフェア2016の開催レポートはまとまったものから順次、本ページに追加掲載していきますので、あらかじめご了承ください。

 なお来年のハムフェアは2017年9月2日・3日の2日間、東京ビッグサイト西3・4展示ホールで開催を予定しています。来年もぜひ東京ビッグサイトでお会いしましょう。

ハムフェア2016開催前のご案内(ハムフェア・インフォメーション)はこちら


JARLコーナー

■興味深い講演や、楽しいイベントが盛りだくさん「イベントコーナー」


「高ア連 ジュニアハムのつどい」全国高等学校アマチュア無線連盟

「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite トークショー&ミニライブ」JI1BTL水田かおり氏(演歌歌手・ラジオパーソナリティ)

「スプリアス確認保証」「2アマのe-ラーニング」

JARD(一般財団法人日本アマチュア無線振興協会)

「フィリピンにおけるアマチュアの災害時通信」DU1IVT テルマ C. パスクア氏(PARA COO(最高執行責任者))
(通訳:JE2EHP堤 善昭氏)

「アマチュア無線の国際的合意形成 〜IARUの役割〜」VK3MV ピーター・ヤング氏(IARU第3地域理事)
(通訳:JA1CJP山本勝美国際課長)

「ARRL:National Parks on the Air (NPOTA)」(ARRLによるアメリカ合衆国国立公園局100周年記念オンエアイベントについて」)W3IZノーム・フサロ氏
(通訳:JE2EHP堤 善昭氏)

JAIA技術委員会「FM電波が耳に聴こえるまで 〜感度だけじゃないぞ!レシーバーの基本性能ってなんだ?〜」 アルインコ(株)電子事業部カスタマーサービス課 中田勝巳氏

【表彰式】自作品コンテスト(総務省・JARL)

【表彰式】関東UHFコンテスト(JARL関東地方本部)

■ハムフェア40周年記念特別展示

 今年のキャッチフレーズ「ハムフェア40周年 アマチュア無線で遊ぼう!」をクローズアップするため、静岡県富士宮市・朝霧高原グリーンパークで初めて開催された全日本ハムベンション(1975年4月)、東京都中央区晴海・東京国際貿易センター(南館)で開催された第1回アマチュア無線フェスティバル(1977年9月)、ハムフェア'83(JAIAフェア同時開催・1983年8月)、ハムフェア'96(東京ビッグサイト、1996年8月)、ハムフェア'99(パシフィコ横浜で開催、1999年8月)などにより、ハムフェアは今年40回を迎えましたので、これらの歴史的な写真展示をおこないました。

 また、JARLが提唱する「モールス符号をユネスコの無形文化遺産へ」を一層進めるため、モールス電信愛好者のグループ(A1クラブ、全国CW同好会(KCJ))メンバーのご協力をいただいて、この特設コーナーに、小・中・高校生や一般の方々がモールス符号を体験できる遊べるスペースを設けました。多くの来場者の皆様がモールス符号体験を楽しまれていたようです。
 このコーナーではさらに、国立大学法人電気通信大学の協力により、モールス通信の機器や電信用和文タイプライター、電信試験用紙などの展示がおこなわれました。

 このほか特設コーナーのスペース内に、サテライト放送室をつくり、コミュニティーFM局3局(エフエムぱるるん・76.2MHz、調布エフエム・83.8MHz、エフエム西東京・84.2MHz)の協力により、ハムフェア開会式のライブ中継をはじめハムフェア40周年特別番組、アマチュア無線女子グループCQ ham for Girlsの「ZKB59」のお披露目ほかが賑やかに披露され、あわせてインターネットによるサイマル放送もおこなわれました。

モールス符号をユネスコの無形文化遺産へ…
PR下敷きをご希望者へ

 JARLでは、多くのアマチュア無線家の皆様に根強く愛され続けている、モールス符号をユネスコの無形文化遺産登録を大きな目標に掲げて、IARU加盟の世界の連盟と歩調を合わせて、PR活動を実施していますが、ハムフェア2016においても、右の写真のようなPRオリジナル下敷き(ニューカラー、A5判・両面)を制作し配布いたしました。
 ハムフェア2016会場にご来場できなかった皆様で、このオリジナル下敷きの配布をご希望される方は、宛名を書いて、返信用切手(120円)を貼った封筒(必ず、A5判の用紙が入るもの、縦22cm×横16cmほど)を同封して次までお申し込みください。
 なおこの下敷きの配布は、在庫がなくなりしだい終了しますので、あらかじめご了承ください。
※返信時は下敷きを2枚同封します。
〒170-8073東京都豊島区南大塚3-43-1 大塚HTビル
一般社団法人日本アマチュア無線連盟
モールス符号を無形文化遺産へPR下敷き係


■特別記念局8J1HAM

 ハムフェア2016会場では、ハムフェア特別記念局8J1HAMが、各周波数帯でアクティブに運用されました。
 サフィックスがHAMのコールサインのハムフェア特別記念局は、ハムフェア2004以来で12年ぶりです。

 ハムフェア会場での8J1HAMの運用は、JG1KTC尾義則JARL会長による21MHz帯での第一声でスタートしました(写真右)。
 その後、会場に来場の希望者による運用がおこなわれましたが、パイルアップを見事にこなす、バリバリのベテランオペレーターの方はもちろん、若い初心者オペレーターの方や、交信を親子で楽しむほのぼのとした光景も数多く見られました。

■ハムフェア2016自作品コンテスト

 自作品コンテスト規定部門のテーマは、「電鍵、マニュピレーター(オーディオ受信器やメモリーキーヤー等の電子回路部分については、評価しない)」です。

 規定部門の「電鍵、マニピュレーター」というテーマもあってか、全体的に今年は外形が小柄な作品が多かったのですが、自作品コンテスト入賞作品展示ブースにおとずれてくださった来場者の方は大変多く、規定部門では入賞作品の電鍵等の「加工精度の高さ」「仕上げの美しさ」などに大いに注目が集まり、また自由部門の入賞作品においても「作品の性能」「デザイン」をはじめとした完成度の高さに関心が集まっていたようで、ブースに来場した入賞作品の作者による作品説明等に熱心に聞き入っていたようです。

 なお、下の写真はハムフェア初日にイベントコーナーでおこなわれた受賞者のみなさんの記念撮影のひとこまです。受賞者の皆さんおめでとうございます。

■今年のDXCCデスクではARRLのノーム・フサロ氏(W3IZ)が申請受付を実施

 ハムフェア2016のDXCCアワード申請受付にはW3IZノーム・フサロ氏が来日しDXCC申請受付をおこないました。ノーム・フサロ氏の来日は2007年、2012年、2014年に続いて4回目となりました。

 DXCCアワード申請受付では、JARLのDXCCフィールドチェッカーも補佐して申請受付をおこないました。
 ノーム・フサロ氏の協力で会期前の事前受付(8月15〜18日は郵送等による受付、18〜19日はJARL事務局会議室での受付)もおこない、事前受付を含む今年のハムフェア2016でのDXCC申請受付数は243件でした。

■大人気の「工作教室」

 今年の工作教室には、ワンコイン代金(500円)の3種類のキット(FMモノラルラジオ、IC+TRラジオキット、モールス練習機)を準備し、来場の多くの親子連れや子供たちが、ベテランスタッフのアドバイスで工作に挑戦していました。教材は両日とも早くから、当日の予定数量を完売する大人気ぶりだったようです。

■電気や電波の不思議を発見「電気の散歩道」

 身近な材料を使用した教材で、電波や電気の不思議を体験できる「電気の散歩道」コーナーは、毎年地味ながら抜群の人気を誇るコーナーで、子供たちのみならず大人のみなさんも、不思議な科学実験を十分に楽しまれていたようです。

クラブコーナー

 40年の歴史の中で、いつもハムフェアのコーナーの主役を務めているのは「クラブコーナー」と言えるのかも知れません。
 日頃の活動のPRの場として、またハム仲間から興味深い情報を収集する場として、そして旧知の仲間との久々のアイボールの場、はたまた,不用品交換、掘り出し物散策の場として、今年もクラブコーナーは大賑わいで、両日とも人混みで大いに賑わいました。
アマチュア無線関連
機器メーカーブース

 JAIAコーナー/ビジネスコーナーに出展のアマチュア無線機器関連メーカーブースには、各社の注目の製品が一堂に展示されました。
 来場者の皆さんは見て触って体験して、また興味深い製品に関して、ブースの担当者の方の説明に熱心に聞き入る姿が印象的でした。
 記念品がもらえるアンケートなどをおこなっていたブースには長い行列ができるなど、大変な賑わいを見せていました。

アマチュア無線
関連販売店等

 また、ビジネスコーナーに出展のアマチュア無線関連販売店のブースでは、ハムフェア特価品販売等も多数見られたようで、クラブ一般展示ブースと同様、来場者の方々じゃ熱心に掘り出し物散策を楽しまれていたようです。

■総務省が今年もアマチュア局電子申請利用の体験ブースを出展

 総務省は、今年も「電波利用 電子申請・届出システム Lite」ブースを出展し、「ようこそ電子申請道場」の看板を掲げて、電子申請によるアマチュア局免許の、開局、変更、再申請方法に関して、多くの来場者の方への積極的な電子申請の利用について解説やアドバイスをおこないました。
 また、2日目のイベントコーナーでは、 水田かおりさん(JI1BTL、演歌歌手・ラジオパーソナリティ)による「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite トークショー&ミニライブ」と題するイベントで電子申請のPRをおこないました。



ハムフェア2016開催前のご案内
こちらでご覧ください


HomeHOME Page TopPageTop


Copyright © 1997-2016 by
The Japan Amateur Radio League, Inc.