− ふじ3号最新情報 −
ふじ3号(FO-29)運用予定について(2019年10月03日掲載)

 ふじ3号(FO-29)につきましては、不安定な運用が続いておりますが、次のパスで送信機をオンにする予定です。

 日時はUTCですので日本時間に変換する場合は9時間プラスしてください。

 なお、運用はUVC(下限電圧制御)が動作するまでとなります。

【ふじ3号のアナログ送信機をオンにする予定時刻(UTC)】
10月05日06:4015:00
10月06日07:2517:35
10月12日05:3015:35
10月13日08:0014:40
10月19日07:4514:25
10月20日05:1015:15

※データ取得のためこの運用計画以外にも短時間ですが送信機をオンにする事があります。なお、10月26日、27日はおこないません。


■ふじ3号(FO-29)電源系の現状に関する考察(2019年10月03日掲載)

 ふじ3号(FO-29)が、7月9日にアナログ系中継器の運用を停止してからの現状について取りまとめました(PDF型式)。


■受信レポート提供へのご協力ありがとうございました(2019年09月31日掲載)

 9月14日と15日に実施いたしました受信レポートの情報収集には、日本国内はもとより世界各国の多くの皆様からの情報提供をいただきありがとうございました。

 ふじ3号は、7月9日21時45分(UTC)以降、動作が確認できていない状況が続いておりますが、9月12日から不安定ですが、動作を確認するとともに、引き続き安定運用を目指し試験を続けております。

 皆様からご提供いただきました受信レポートを参考にして、より安定した運用ができるように検討していきたいと思います。

 なお、一部の皆様よりトランスポンダーの利用についてお問い合わせをいただいておりますが、一部不安定な面もありますが、ご利用いただいて差し支えありません。

 また、今後も試験等を行う際にご不便をおかけすることもあるかと思いますが、その際にはJARL Web等でご案内させていただきますので、何卒ご協力いただきますようお願いいたします。

 今度ともふじ3号の運用へのご理解とご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

JARL事務局会員課「ふじ3号」テレメトリ係


■ふじ3号(FO-29)の受信協力のお願い(2019年09月13日掲載)

 アマチュア衛星「ふじ3号」は、2019年7月9日21時45分(UTC)以降、CWテレメトリ及びヘテロダイン中継機の動作が確認できていない状況が続いておりますが、昨日より不安定ですが、CWテレメトリ及びヘテロダイン中継機の動作を確認するとともに、引き続き安定運用を目指し試験を続けております。
 ついては、ふじ3号(FO-29)のCWテレメトリの受信可能な方は、次の日本を通過するパスの際にコマンドで起動を試みますので、受信レポートを次のアドレスあてにご報告ください。

(日本上空を通過するパスの時間)
2019/09/14 06:40 16:45(UTC)
2019/09/15 05:40 17:35(UTC)

【受信レポートの送信メールアドレス】oper@jarl.org

 多くの利用者の方々のふじ3号の情報収集へご協力をお願いいたします。

JARL事務局会員課「ふじ3号」テレメトリ係


HomeHOME MenuMenu


Copyright © 2019 by
The Japan Amateur Radio League, Inc.