ロギングソフト毎の提出ガイダンス

代表的なロギングソフトをご案内しています。

CTESTWIN

コンテストのデュープチェック及びログ作成印刷を行うコンテスト用ログプログラムです。
下記のコンテストのマルチチェック機能を持っています。
 JARL QSO パーティー / All JA コンテスト / 6m & down コンテスト / Fild day コンテスト
 全市全郡コンテスト / All ASIAN DXコンテスト
 CQ WW DXコンテスト / ARRL International DXコンテスト / CQ WW WPXコンテスト / WAEコンテスト
 等のコンテストに対応しています。

電子ログデータ出力(コンテスト結果をメール提出するデータ作成)
JARL電子ログデータ出力に対応していますのでコンテスト結果を メールで提出する事が可能です。
ADIFファイル出力(電子QSL用 データ作成) 、Cabrillo形式(Ver2、Ver3)ログファイル(WW、 WPX、ARRL、JIDX、ARRL 10 Meter、All Asian DXコンテスト)の電子ログ用データ作成等、チェックリスト(JST、UTC)、HAMLOG TXTフォーマットファイル作成、 JARLログファイル出力(CSV)、およびパーシャルチェック用データ、ベースファイルなど、さまざまなファイル出力に対応しています。
JARLコンテストログシートやサマリーシートを印刷する事も出来ます。

CTESTWIN

 

E-LOG MAKER

E-LOG MAKERはJARLコンテスト委員会が配布している、手書きのログをJARLコンテスト用の電子ログとサマリーにして、電子メールで提出できるようにするツールです。Turbo HAMLOGのデータをJARLコンテスト用の電子ログに変換して電子メールで送ることもできます。

E-LOG MAKER

 

HLTST

HAMLOGファイルからのログ・サマリー印刷ソフトで、JARLの電子ログ提出用ファイルの出力ができます。
使用ソフト:HLTST Ver. 5.6

 1. HAMLOG に コンテストでの交信データを入力します、コンテストナンバーは Remarks1 または Remarks2 に RST レポート以外の項目を入力します、そのとき コンテストナンバーの 都府県支庁番号 と 出力記号の間には必ず スペースを入れます。
 2. HLTST を起動し、「コンテストの設定」 でコンテストの条件設定をします、受信コンテストナンバーでは HAMLOG にコンテストナンバーを入力した項目を選択し、そこから抽出する文字数を記述します。 送信コンテストナンバーの項目は Rst レポートを除いた送信コンテストナンバーを入力します。
 3. 「データの選択」ボタンを押して HAMLOG から交信データを抽出します。
 4. 次に「データの整理と印刷」ボタンを押して、交信バンドごとに 交信データを二次抽出した後、バンドごとのマルチ処理を行った後 ログシートを印刷します。
 5. 最後に 「サマリーシートの印刷」ボタンを押した後、サマリーシートの印刷を行います。
 6. 「サマリーシートの印刷」処理が終わると、「電子ログの送信」が押せるようになります、ここを押すと Windows に設定されているメールソフトが起動されます、電子ログの内容は、クリップボードに取り込まれていますのでそのまま「貼り付け」を行い、コンテストログを電子メールで提出することが出来ます。

(注意)
「印刷」ボタンを押しても、実際に紙ログを印刷しない選択が可能ですが、データ処理上「印刷」ボタンを押すことは必要です。
処理の各ステップの詳細は、プログラム起動後、必要な時点で F1 ボタンを押して Help ファイルをお読みください。

HLTST

 

zLog

東京大学アマチュア無線部JA1ZLOが開発したロギングソフトです。パソコンをネットワークすることによって相手局のコールサイン、コンテストナンバーなどを共有できるという、マルチオペ向けの機能が特徴です。
部員の卒業によって長いこと開発が止まってしまい、Windows 10では安定動作しないなどの問題が起きていました。2019年、JARLコンテスト委員会が開発者からソースコードを譲り受け、フリーソフトウェアとしてGitHubに公開しました。JR8PPGの手によって修正・改良が施され、有志によるテストを受けてWindows 10で動く安定版がリリースされました。

最新版であるzLog Version 2.7.0.5 令和3年6m & Down向けバージョンでJARLの電子ログ提出用ファイルが出力できます。
リンク先、 令和3年6m & Downコンテスト対策バージョン ページよりzlogwin_2705_x64_20210630.zip(64ビット版)、もしくはzlogwin_2705_x86_20210630.zip(32ビット版)をダウンロードし、インストールしてください。

 1.[File]を開き、[Create E-Log (JARL 2.0)]を選ぶ。
 2.サマリーシートの項目をインプットする。
 3.[E-log作成]ボタンをクリックする。
 4.「.em」という拡張子のついたファイル(例:20216D.em)ができるので、これを電子メールソフトで
  添付ファイルとして送信するか、エディターなどで開いて、中身を電子メールの本文にコピー&ペースト
  して送信します。
 5. メールの題名は、使用したコールサイン、送信先アドレスは、各コンテスト毎に決められたメールアドレス
 (6d@jarl.org等)を指定し、送信。
 6. 送信後、数分で受付完了のメールが返信されてくるはずです。これで提出完了です。

令和3年6m & Downコンテスト対策バージョン

 

ご質問等は、コンテスト委員会contest@jarl.orgへお問合せください。