を楽しもう!
JARL主催コンテストの
電子ログの提出について

【電子ログによる書類提出の解説】

 JARL主催コンテストの書類提出については、パソコンでログ管理をしたり、専用のコンテストソフトを使っている方は、QSOデータを所定のフォーマットに加工して、電子メールで送るだけで書類の提出が完了します。
 フロッピーやCDなど記憶媒体によるログ提出も出来ます。詳細はこちらをご覧ください。
 電子ログで送られた場合に従来の自動応答メールの他に、HP上からも受理されているかどうかが確認できるようになりました。 リンクはこちら

 (紙でのログ・サマリーシートの書類については、記入項目が手書きのもののみ受付となっております。)


【電子ログ作成ツールを用意】
  JARL主催のコンテストでは毎回1,000〜2,000数百通の書類提出がありますが、平成27年度では全書類提出者の9割を超えるかたが、電子ログを利用されるに至っております。
 電子ログによるものは、自動処理に対応できるように一定の約束ごと(フォーマット)にしたがって作成していただく必要がありますが、JARLでは、自動的にこのフォーマットが作成できる 「電子ログ作成ツール」を用意していますので、このツールを利用されれば非常に簡単に電子ログによる書類提出が行えます。
 なお、電子ログ受付ツールの基本となるフォーマットなどについては、以下の【電子ログ提出のフォーマットなど】の項での説明のとおりですので、ご自身で提出データを加工される場合は、こちらを参考にしてください。


【送られた電子ログの自動エラーチェック】(重要)
 メールが送られると、処理プログラムがサマリーシートの内容を解析して、最低限必要な項目の記入漏れがないかなどをチェックして、受付通知またはエラー通知をメール送信者に自動的に返信します。受付通知が返信されましたら、ログの提出は完了です。同時に、JARL HP上にも受理されたコールサインと時刻が表示されます。同HPへのリンクはこちら
 これで作業は終了です。送信後に修正箇所に気付いた場合は再度データを送信してください。エラー通知が返信されましたらログの提出は完了していません。エラーの内容を見て、修正して再度送信してみてください。


【テスト用メールアドレスについて】
 電子ログ受付システムへの提出メールの形式が正しいかどうかをテストするためのテスト用のアドレスを用意しました。このテスト用のメールアドレスは、logtest@jarl.org です。
 このアドレスへ決められたフォーマットのメールを送っていただければ、実際の受付処理プログラムと同等のシステムでそのメールの形式が正しいかどうかをテストして、自動的にテスト結果を返信します。
 なお、このアドレスに送られてもテストが行われるのみであり、提出書類としては受け付けられません。実際の提出書類はそれぞれのコンテストの電子ログ受付アドレス(ALLJAコンテストの場合は allja@jarl.org)へ送ってください。

 電子ログ提出についての質問や、エラーの内容がよくわからないという場合は、E-mailで contest@jarl.org までお問い合わせください。




【電子ログ提出のフォーマットなど】

 提出の方法は、規定のフォーマットに従って作成した電子ログのメールを提出先メールアドレスに電子メールとして送信するというものです。

■提出先メールアドレス

コンテスト

開催月

提出先メールアドレス
ALL JA

4月
allja@jarl.org
ALL ASIAN DX(CW)

6月
aacw@jarl.org
6m AND DOWN

7月
6d@jarl.org
フィールドデー

8月
fd@jarl.org
ALL ASIAN DX(Phone)

9月
aaph@jarl.org
全市全郡

10月
acag@jarl.org


■提出メールのフォーマット

 提出メールはテキスト形式でのメールの本文とするか、添付ファイルとして送信してください。また、サマリーシートおよびログシートをつなげた1本のメールとし、途中で分割されたメールは受け付けません。メールのサブジェクト(主題・タイトル)は、提出局のコールサインにしてください。

(例)   7K5ABC/1

■サマリーシートの部分
 第1表がサマリーシートの部分のデータフォーマットです。サマリーシートの内容は、

<SUMMARYSHEET VERSION=R1.0>
という行で始めて、

</SUMMARYSHEET>
 という行で終わり、

 その中の各項目(赤字の部分)を各自の参加結果に合わせて記入します。各項目の順序は任意です。
 また、記入する内容がない項目(ALL JAコンテスト時は、フィールドデーコンテスト局種係数の項目など)はその行自体を省略できます。英数字記号(<、>、/)は必ず半角文字を使用してください。
 得点のデータなどの数値の入力の際には、3桁区切りは入れないでください。

【第1表】サマリーシートの作成フォーマット
(カット&ペーストでワープロやエディターにデータをコピーしてご使用ください。
<SUMMARYSHEET VERSION=R1.0>
<CONTESTNAME>コンテストの名称</CONTESTNAME>
<CATEGORYCODE>参加部門種目コードナンバー</CATEGORYCODE>
<CATEGORYNAME>参加部門種目名称</CATEGORYNAME>
<CALLSIGN>コールサイン</CALLSIGN>
<OPCALLSIGN>運用者のコールサイン</OPCALLSIGN>
<SCORE BAND=1.9MHz> 1.9MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=3.5MHz> 3.5MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=7MHz> 7MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=14MHz> 14MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=21MHz> 21MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=28MHz> 28MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=50MHz> 50MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=144MHz> 144MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=430MHz> 430MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=1200MHz> 1200MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=2400MHz> 2400MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=5600MHz> 5600MHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=10.1GHz> 10.1GHzの交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<SCORE BAND=TOTAL>合計の交信局数,得点,マルチプライヤー</SCORE>
<FDCOEFF>フィールドデーコンテストの場合の局種係数</FDCOEFF>      
<TOTALSCORE>総得点</TOTALSCORE>
<ADDRESS>連絡先住所</ADDRESS>
<TEL>電話番号</TEL>
<NAME>局免許者の氏名(社団の名称)</NAME>
<EMAIL>E-mailアドレス</EMAIL>
<LICENSECLASS>局免許者の無線従事者資格</LICENSECLASS>
<POWER>コンテスト中使用した最大空中線電力(W)</POWER>
<POWERTYPE>定格出力or実測出力</POWERTYPE>
<OPPLACE>運用地</OPPLACE>
<POWERSUPPLY>使用電源</POWERSUPPLY>
<EQUIPMENT>使用した設備</EQUIPMENT>
<COMMENTS>意見</COMMENTS>
<MULTIOPLIST>運用者のコールサイン(氏名)および無線従事者の資格</MULTIOPLIST>
<REGCLUBNUMBER>登録クラブ番号</REGCLUBNUMBER>
<REGCLUBNAME>登録クラブ名称</REGCLUBNAME>
<OATH>宣誓文</OATH>
<DATE>日付</DATE>
<SIGNATURE>署名</SIGNATURE>
</SUMMARYSHEET>

■ログシートの部分
 サマリーシート部に続いて、ログシートの部分は、

<LOGSHEET TYPE=ログシートのファイル形式>
という行で始めて、

</LOGSHEET>
という行で終わり、

 その中にログソフトなどで作成したテキストファイル形式のログシート本体をそのまま置いてください。

【第2表】ログシートの作成フォーマットの例

 たとえば、つぎの順で1交信のデータを1行におさめます。各項目の区切りは、カンマ、タブ、スペースのいずれでもかまいません。英数字記号は半角を使用してください(ログソフトを使わない場合、形式名は任意の半角の英数字列)

<LOGSHEET TYPE=ログシートのファイル形式>
  DATA(JST) TIME BAND MODE CALLSIGN SENTNo RCVNo Multi PTS
</LOGSHEET>

 ログシート本体の形式は、第2表のように1行につき1交信としてください。
 印刷用の罫線やページ集計などQSO行以外の情報は含まないようにしてください。先頭にヘッダー行を含んでもかまいません。「ログシートのファイル形式」はJARL形式、Cabrillo準拠(国内コンテストはJST)、自作など適当な文字列としてください。
 マルチオペオールバンドの場合、ログは必ずしもバンドごとにされる必要はありません(交信時間順でOK)。マルチオペ2波の場合は、第1送信波の後に第2送信波のログを続けて作成してください。シングルオペの場合は時間順のログを推奨します。どうしてもバンドごとになってしまう場合は、バンド順に続けて作成してください。
 メールで提出する電子ログの例(ALL JAの場合のサマリーシートおよびログシートのサンプル)を第3表に示します。

【第3表】サマリーシート・ログシート例(ALL JA の場合)

<SUMMARYSHEET VERSION=R1.0>
<CONTESTNAME>ALL JAコンテスト</CONTESTNAME>
<CATEGORYCODE>XAM </CATEGORYCODE>
<CATEGORYNAME>電信電話部門シングルオペオールバンドM </CATEGORYNAME>
<CALLSIGN>7K5ABC/1</CALLSIGN>
<SCORE BAND=3.5MHz>137,137,37</SCORE>
<SCORE BAND=7MHz>154,154,45</SCORE>
<SCORE BAND=14MHz>87,87,30</SCORE>
<SCORE BAND=21MHz>142,142,41</SCORE>
<SCORE BAND=28MHz>31,31,20</SCORE>
<SCORE BAND=50MHz>380,380,25</SCORE>
<SCORE BAND=TOTAL>931,931,198</SCORE>
<TOTALSCORE>184338</TOTALSCORE>
<ADDRESS>〒170-8073 東京都豊島区南大塚3-43-1</ADDRESS>
<TEL>01-2345-6789</TEL>
<NAME>大塚 太郎</NAME>
<EMAIL>7k5abc@jarl.com</EMAIL>
<LICENSECLASS>第2級アマチュア無線技士</LICENSECLASS>
<POWER>50</POWER>
<POWERTYPE>定格出力</POWERTYPE>
<OPPLACE>東京都目黒区</OPPLACE>
<POWERSUPPLY>発動発電機</POWERSUPPLY>
<EQUIPMENT>TT-300S,RR-50,3.5/7=INV,14-28=3ele,50=4ele</EQUIPMENT>
<COMMENTS>次回もがんばりたいと思います。</COMMENTS>
<REGCLUBNUMBER>10-*-***</REGCLUBNUMBER>
<REGCLUBNAME>***クラブ</REGCLUBNAME>
<OATH>私は、JARL制定のコンテスト規約および電波法令にしたがい運用した結果、ここに提出するサマリーシートおよびログシートなどが事実と相違ないものであることを、私の名誉において誓います。</OATH>
<DATE>20**年5月12日</DATE>
<SIGNATURE>大塚 太郎</SIGNATURE>
</SUMMARYSHEET>
<LOGSHEET TYPE=自作>
DATA(JST) TIME BAND MODE CALLSIGN SENTNo RCVNo Multi PTS
20**-04-28 2254 7 SSB JM1LRQ 5910M 5913M 13 1
20**-04-28 2255 7 SSB JK1JHU 5910M 5910M 10 1

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  中略  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

20**-04-29 2057 14 SSB JN3PYQ/1 5910M 5910M 10 1
20**-04-29 2058 7 SSB JF1SQC 5910M 5911L 11 1
20**-04-29 2059 7 SSB JH8KYU/1 5910M 5911M  1
</LOGSHEET>




HomeHOME MenuMenu ContestContest Page TopPage Top

Copyright © by
The Japan Amateur Radio League, Inc.