ロギングソフト ガイダンス

代表的なロギングソフトをご案内しています。


Ctestwin

コンテストのデュプチェック及びログ作成印刷を行う コンテスト用ログプログラムです。
下記のコンテストのマルチチェック機能を持っています。
 JARL QSO パーティー / All JA コンテスト / 6m & down コンテスト / Fild day コンテスト
 全市全郡コンテスト / All ASIAN DXコンテスト
 CQ WW DXコンテスト / ARRL International DXコンテスト / CQ WW WPXコンテスト / WAEコンテスト
 等のコンテストに対応しています。

電子ログデータ出力(コンテスト結果をメール提出するデータ作成)
JARL電子ログデータ出力に対応していますのでコンテスト結果を メールで提出する事が可能です。
ADIFファイル出力(電子QSL用 データ作成) 、Cabrillo形式(Ver2、Ver3)ログファイル(WW,
WPX,ARRL , JIDX,ARRL 10 Meter,All Asian DXコンテスト)の電子ログ用データ作成等、
チェックリスト(JST,UTC)、HAMLOG TXTフォーマットファイル作成、 JARLログファイル出力(CSV)、
及び、パーシャルチェック用データ ベースファイルとしてなど、色々なファイル出力に対応しています。
JARLコンテストログシートやサマリーシートを印刷する事も出来ます。

Ctestwinホームページ

ハムログからCtestwinへの変換方法


HLTST

HAMLOGファイルからのログ・サマリー印刷ソフトであるHLTSTで、JARLの電子ログ提出用ファイルの出力ができます。
使用ソフト:HLTST Ver. 5.6

 1. HAMLOG に コンテストでの交信データを入力します、コンテストナンバーは Remarks1 または Remarks2 に RST レポート以外の項目を入力します、そのとき コンテストナンバーの 都府県支庁番号 と 出力記号の間には必ず スペースを入れます。
 2. HLTST を起動し、「コンテストの設定」 でコンテストの条件設定をします、受信コンテストナンバーでは HAMLOG にコンテストナンバーを入力した項目を選択し、そこから抽出する文字数を記述します。 送信コンテストナンバーの項目は Rst レポートを除いた送信コンテストナンバーを入力します。
 3. 「データの選択」ボタンを押して HAMLOG から交信データを抽出します。
 4. 次に「データの整理と印刷」ボタンを押して、交信バンドごとに 交信データを二次抽出した後、バンドごとのマルチ処理を行った後 ログシートを印刷します。
 5. 最後に 「サマリーシートの印刷」ボタンを押した後、サマリーシートの印刷を行います。
 6. 「サマリーシートの印刷」処理が終わると、「電子ログの送信」が押せるようになります、ここを押すと Windows に設定されているメールソフトが起動されます、電子ログの内容は、クリップボードに取り込まれていますのでそのまま「貼り付け」を行い、コンテストログを電子メールで提出することが出来ます。

(注意)
「印刷」ボタンを押しても、実際に紙ログを印刷しない選択が可能ですが、データ処理上「印刷」ボタンを押すことは必要です。
処理の各ステップの詳細は、プログラム起動後、必要な時点で F1 ボタンを押して Help ファイルをお読みください。

HLTSTホームページ


CT

(アジア側からの参加の場合)
最新バージョン(V9.58)でも2000年のルール改正に対応していないようですが、
CQWWモードで代用してロギングすることが可能です。
CTの.allファイルの中身をログシートデータとして利用できます。

 1.WRITELOGコマンドにより.allを出力する。
 2.バンドごとの得点およびマルチ数を.sumファイルで確認する。マルチはカントリー数。
 3.電子ログ作成ツールを起動し、項目をインプットする。
 4..allファイルをエディター等で開き、指定された欄にコピー&ペーストする。
 5.出来上がったフォーマットを、電子メールソフトの本文欄にコピー&ペーストする。
 6.メールの題名に使用したコールサイン、送信先に各コンテスト毎に決められたメールアドレスを入れて送信。
 7.送信後、数分で受付完了のメールが返信されてくるはずです。これで提出完了です。


 2.このとき、QSOポイントはバンド毎の得点傾斜があり、160mは3倍、80mおよび10mは2倍になります。また、
   CQWW特有のマルチと自国とのQSOもマルチにカウントされます。これらを考慮して得点を出し直して
   いただくのが望ましいですが、JARLでもチェックしますのでそのままでも構いません。
 4.で.allファイルの中身つまりログシート部分を指定された欄にコピーする方法の他、ログシート部分だけは
   電子メールの本文に直接コピーしてもOKです。
   QSO数が多い時には、こちらの方がやりやすい場合があります。

 


zLog

zLogのログ・サマリー印刷ソフトであるZPRINTで、JARLの電子ログ提出用ファイルの出力ができます。
使用ソフト:ZPRINT for Win ver 1.3a

 1. ZPRINT for Win ver 1.3aを起動し、ファイルメニューから提出するコンテストのログデータを開く。
 2.サマリーシートの項目をインプットする。
 3.ファイルメニューから上書き保存する。
 4.「.em」という拡張子のついたファイル(例:2001ALLJA.em)ができるので、これを電子メールソフトで添付ファイルとして
 送信するか、エディターなどで開いて、中身を電子メールの本文にコピー&ペーストして送信します。
 5.メールの題名は、使用したコールサイン、送信先アドレスは、各コンテスト毎に決められたメールアドレス(allja@jarl.org等)を指定し、送信。
 6送信後、数分で受付完了のメールが返信されてくるはずです。これで提出完了です。

*もし、..emファイルが作成できない場合は、
[設定]-[諸設定]で"電子ログ提出用ファイル作成"にチェックがされているか確認します。

zLog for Windowsホームページ

 

 

ご質問等は、コンテスト委員会contest@jarl.orgへお問合せください。